東京喰種:Re トーキョーグール ネタバレ最新 第14話-画バレ-文字バレ-最新話-リゼ

tgr-14-00001.jpg

本サイトでは、東京喰種:Re トーキョーグールの最新ネタバレ情報を公開しております!

ヤングジャンプや無料動画などをご覧になると、面白みが増しますよ!

漫画も第1巻から、アニメは第2期がスタートしておりますのでご覧ください!

今回は、東京喰種:Re トーキョーグール 第14話です!

画バレ・文字バレや感想・考察なども掲載しています!

〔スポンサードリンク〕





東京喰種:Re トーキョーグール:Re 第14話

―――韻に触れる・・・

ハイセ
「(和修 政【ワシュウマツリ】・・・

18歳でドイツのアカデミーに入学

I課の二等捜査官として最前線で戦い、

"喰種"一族【ロズヴァルト家】の壊滅などの功績を挙げる

上等捜査官になる24歳までドイツで過ごし

帰国後はⅡ課に転課し指導を担う・・・

アオギリの樹』の被害状況を受け

局長が日本に呼び戻したって話だけど・・・)」


「―――それで、どこまで進んだ」

什造
「次のオークションの日にちまでわかったです」


「″11月11日″・・・あと2週間強か」

什造
「佐々木一等のクインクス達の捜査のおかげです」

什造の言葉にビクっとするハイセ


「・・・・・・クインクス、な」

不満そうな顔で椅子にもたれる政

ハイセ
「(和修局長と政准特等の"不仲説"は局内でも噂されている・・・

  Q's(クインクス)の必要性にも懐疑的なお人だ・・・)」

【語り】
温和な人柄で和修家でありながらも

親しみやすさをもつ局長と違い、

准特等は無駄を嫌う合理的思考の持ち主

そして、自らの血に誇りをもつ徹底的な

和修至上主義

独自の技術で"喰種"と刀を交え

喰種退治を生業としてきた一族のひとつ―――『和修』

数ある『喰種退治屋』の中でも随一の力を誇っていた

彼らの名を国が聞きつけ、1890年には国家機関として

和修家当主『和修大吉』とトップとした『喰種対策院』が設立される

和修家のその・・・"人"を"数"と捉える冷静な姿勢は

最大の"効果"と"犠牲"を生む

現にドイツで政准特等が率いていたチームは

当期では最高の成績と死傷者を出していた

〔スポンサードリンク〕






「では"ナッツクラッカーととりつけた約束"どおり・・・

 六月三等にはオークションに出席させろ

驚くハイセ

ハイセ
「たっ・・・単独で、ですか」


「当然だろうが・・・

 でないと不自然だ」

ハイセ
「(やはり准特等は・・・"使い捨てる気"だ・・・!)」

ハイセ
「で、ですが・・・!!」

tgr-14-00002.jpg

「ですが」とは、一等?

什造
「僕もオークションに参加していいです?」

ハイセ
「!?・・・じゅ、鈴屋准特等?」


「鈴屋准特等も変装すると?」

什造
「はい

 こういうのは慣れっこです」


後ろの扉から、平子・真戸・下口が入ってくる


平子、真戸、下口

 今回は我々『S2班』と鈴屋班・・・上等3名が各部隊の指揮を執る」

部屋を後にする什造とハイセ

ハイセ
「ありがとうございました、じゅうぞ・・・鈴屋准特等」

什造
「とんでもないです

 それに、僕も久々に会いたい人がいるですよ」

ハイセ
「・・・・・・六月くんを

 よろしく・・・御願いします」

什造
「こちらこそ」

ペコリと頭を下げる什造

場面は切り替わり、真戸がハイセを呼び出し話をしている

真戸
「強くなれ・・・ハイセ

 強くなって"喰種"を殺せ

 最も失わない者とは

 最も力を持つ人間のことだ


ハイセ
「・・・」

真戸
「(・・・奪われたくなければ奪うしかない・・・)」

場面が切り替わり、Q'sホーム

不知
「瓜江は明日戻るってな

 身体のついでにあの捻くれた性格も

 治してくりゃいいのによ」

場面が切り替わり、アオギリの樹

タタラからからアヤトへの伝言が伝えられる

東京喰種:Re トーキョーグール 第15話 ネタバレへ

〔スポンサードリンク〕





BLEACH ブリーチ 最新ネタバレ

銀魂 最新ネタバレ

terra formars テラフォーマーズ 最新ネタバレ

ONE PIECE ワンピース 最新ネタバレ

食戟のソーマ 最新ネタバレ